蘭 香


食肉の害を消すスパイス蘭香

薬学博士 渡邊 武

香辛料が単に、食欲をそそる嗜好品であると考えるのは誤りです。魚肉、鳥、獣肉、ことに獣肉やその臓物の臭気を取り去り腐敗を防ぎ、消化を助け、美味に、しかも所謂肉食の害を消すために使われるべきでありましょう。
香料の大部分は、アラビア、インド、タイ、インドネシア、中国南部など、東南アジアの熱帯圏で生産されますが、欧州でも中国でも貴重は資源として大切に扱われてきました。
ところが日本では、肉食の歴史が浅いのと、幸か不幸か肉食が比較的新鮮美味なので、香辛料の使い方さえ知らぬ人が多いようです。そこで肉食によって、健康を害すると言う傾向も出てきており、病人や老人には、それを食することが危険とさえ思われています。病人や老人なればこそ、一層肉食を有効に食して健康を保もたさねばならないはずなのですが。
そこで私が、いろいろと香辛料を調合して作りましたのが、この「蘭香」です。これらの香辛料は漢方薬としても古来から適用され、しかも食欲増進剤として活用されています。
「刺激物を避けよ」と言う食餌上の注意は、欧米各国の香辛料一辺倒の肉食民族に、その節食を戒める言葉であって、七味唐辛子か、山椒、胡麻程度の貧しい香辛料しか使っていない日本人には、殆ど当てはまらない指示と言えます。 しかし、香辛料を使うにおいては、やはり刺激性の害は免れませんので、使い方に書いてありますように、蜂蜜、味醂、胡麻などを加えて緩和し、お使いになれば最高です。
「蘭香」には茴香、ウ金、桂皮等十数種類の香辛料が配合されており、合成保存料、化学調味料、人工甘味料、着色料は一切含まれていません。

蘭香の特徴と使い方
@ 蘭香一包分を醤油1/4カップ、にんにく、すり胡麻、蜂蜜又は味醂少々とま ぜて、バーベキュー用のソースとして使用してください。肉の臭気も消し、食欲も増進させます。

A焼肉の調味料として、@のソースに牛肉を浸しておいてから焼いてもよく、また焼肉にそのままソースとして使っても結構です。とても美味で、いくらでも肉が食べられます。

B食肉を水炊にした時も、このソースをつけて食べてください。あっさりとしていて好まれます。

C味噌汁やスープの中へ少量入れると大層お味が引き立ちます。

Dカレーライスやその他、いろいろのものに調味料として添加するのもよろしいでしょう。

E水炊きの時、その煮汁に少量加えてスープにします。

F肉用ばかりではなく、漬物などに用いてもよく、またお茶漬けに少し入れると消化を助け、口中を爽やかにし、飲酒後、又は中国料理等、濃厚な料理のあとに真によろしいです。

G松茸や椎茸を焼くときに使ってもよく、特に湯豆腐につけて食べると美味です。

Hこのソースを用いれば食肉の害を防ぎ、多量に食べても胸やけや腹もたれせず、臭気やクセを除きます。(特に、羊や猪、鴨、鹿などのような臭味のあるものに用いると臭気がなくなり美味しく食べられます。)

I食肉を連続して嫌悪を感じるようなときでも蘭香をお使いになれば飽きがきません。


次のような方におすすめします
精神的、肉体的に過酷な仕事に従事している方
実際の年齢よりも老けている方
美食の人、宴会など外食の多い方
肥満防止に努めている方
肥りたい方
美容に神経を使っている方
肉食の多い方

販売薬局・薬店・食品店はこちら