Archive for 12月, 2013

五労七傷

2013.12.15

処方研修の中での言葉

五労七傷
五労 : 五臓の虚労病証では心労・肝労・脾労・肺労・腎労 『 証治要訣 』
久視すれば血を傷り

久臥すれば気を傷つけ

久坐すれば肉を傷つけ

久立すれば骨を傷つけ

久行すれば筋を傷つける
『 素問宣明五気篇 』 の5種。

七傷 : 大飲は脾を傷つける。

精子奇形1_001

大怒気逆は肝を傷つける。

強力挙重、久坐湿地は腎を傷つける。

形寒、寒飲は肺を傷つける。

憂愁思慮は心を傷つける。

風雨寒暑は形を傷つける。

『 諸病源候論 』

 

体に良い体操や姿勢など最近は様々なところで言われていますが

同じ姿勢の継続は身体を壊します。

長く歩きまわると、筋を破るなど

やり過ぎには注意が必要

あなたに適したことを見つけることも大切です。

あんず

2013.12.14  薬証論研修

植物界の妙

分類学上  ボタンとシャクヤクは同科植物

働きは牡丹は血毒症に 芍薬は水毒症に用いる

同様に    梅、桃、杏も同属なのに  三種三様の働きがある

 

アンズ:杏仁・杏子

anzu00mi2

 

食養生で

 

種子のタンパク質を柔らかく固めて食す食べ物に大豆の豆腐、ごまのごま豆腐それと杏仁の杏仁豆腐がある

杏仁5~6個を湯につけて皮をむき、良く乳化したものに角寒天1本で固め、賽の目に刻み、はちみつ水に浮かべて食す

油気の多い料理の口直しに

音声を使う職業の人たちに喜ばれている