処方研修2014.05.17黄耆建中湯

黄耆建中湯   解説 藤井先生

原典 金匱要略

日本人の基本処方 小建中湯に黄耆を加えたもの

小建中湯より更に体表へのめぐりが弱くなった人用

巡らせる力が少ない⇒疲労、疲労倦怠、気力がわかないなど

漢方処方の手引には

身体虚弱で疲労しやすいものの次の諸症:虚弱児童、夜尿症、夜泣き、慢性腹膜炎の軽症、盗汗、腹痛、慢性中耳炎。

とある

しかし 漢方処方は人に合わせる。

この病名が付いたから 全員が黄耆建中湯というわけではない

逆に 夜尿症に使う処方を探してみよう!!

 

別の症例に

笑いのやまないものに

甘麦大棗湯や黄連解毒湯を用いるのは定石であるが・・・あっちとこっちの処方をですね・・・

黄耆建中湯で大笑いを治した症例を発表している(福富 和漢医林新誌)などがある

・・・

処方を運用するにあたっては しっかりと薬味薬性を捉え ピンポイントで処方運用できるようにしたいものです。

 

Comments are closed.