研修案内

関東支部だより   平成28年5月号
今月の研修案内

会場:全国町村会館 第三会議室 〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-35  

TEL03(3581)0471  FAX03(3581)0220

第1日  5月21日(土)   司会    荒野・岩部

13:00~14:20   規の斉唱・資料確認

             繁用処方研修『蒸眼一方・生姜瀉心湯・小建中湯』(藤井先生)

14:30~15:40    傷寒論DVD                                                (飯田先生)

15:50~17:00   平成薬証論   『黄芩』 続き       (藪崎先生)

17:45~        食養の実践懇親会   会費:3000円  

   会場 : あるじ亭 Lepice(レピス)  スペイン料理  http://r.gnavi.co.jp/a632202/map/    

   港区赤坂3-16-11 東海赤坂ビル1F   TEL 050-5799-1141

   1540分までに、石本(090-7255-0650)までご連絡ください。

 

第2日  5月22日(日)   司会    荒野・岩部  
 9:30~   規の斉唱

  方技研修  漢方相談カードの構成および取り方とそれぞれの項目の意義 (横田先生)

10:50~  原典12号 『自然に調和した漢方とは』(1984.7) 輪読  (古米先生) 

12:00~        昼食休憩・理事会 
13:30~14:40   理事会報告

              渡邉先生米寿著作集『木村康一先生に聞く』P五七~(司会)

14:50~16:00   食養研修                  (武 先生)

 

今月必要なテキスト・資料
『傷寒論・金匱要略』 『平成薬証論』『薬草百話』『一般用漢方処方の手引き』

 先月配布の薬証論資料(黄芩)  原典12号『自然に調和した漢方とは』(1984.7)

 *米寿著作集は各自持参してください。 

 

今月の宿泊先と宿泊予定者: 全国町村会館  宿泊者は藤井・伏見()・藪崎豊の各先生方です。

先月配布資料:繁用処方(藤井 A4,5枚)

        薬証論:黄芩(藪崎 A4,3枚) 

            

今後の研修会日程予定

H28年 61819日のみ(2会議室) 72324日  82021日  91011日  101516(全国大会) 111920日のみ(2会議室)  1217日のみ(2会議室)18日  H29年 12122日 21819日 31112

 

 『桂枝湯中心の処方』の担当の先生は、担当の処方(123処方)をまとめたものを、今月の例会時までに、横田先生に提出してください。 よろしくお願い致します。(石本)

 

今月は年度末になりますので、会費が未納の先生は今月中に振り込みをお願い致します。

 

関東支部だより   平成27年4月号

今月の研修案内
会場:全国町村会館 第三会議室 〒100−0014 東京都千代田区永田町1−11−35
TEL03(3581)0471
FAX03(3581)0220

第1日  4月18日(土)   司会    飯田
13:00         規の斉唱・資料確認
13:10〜14:20   繁用処方研修  『桂枝加朮附湯・桂枝加竜骨牡蠣湯』
(藤井先生)
14:30〜15:40   『わかりやすい漢方薬』P,183~
15:50〜17:00   平成薬証論   『山茱萸』   (藪崎先生)
17:45〜   食養の実践懇親会   会費:3000円

会場:ROSE&CROWN Jr 赤坂店(ブリティッシュ パル)
住所:港区元赤坂1-2-3 赤坂見附MTビル1F TEL:03-5770-6215

http://r.gnavi.co.jp/g851539/map/

15時40分までに、石本(090-7255-0650)まで

第2日  4月19日(日)   司会    小林
9:30〜10:40   規の斉唱
方技研修    『不妊症』    (横田先生)
10:50〜12:00   経絡研修   『吉祥蘇霊廣』  (古米先生)
12:00〜13:30   昼食休憩・理事会
13:30〜14:40   理事会報告・情報交換タイム
14:50〜16:00   食養研修            (武 先生)

今月必要なテキスト・資料

『傷寒論・金匱要略』 『わかりやすい漢方薬』 『平成薬証論』 『薬草百話』
『一般用漢方処方の手引き』  方技…先月までの配布資料

今月の宿泊先と宿泊予定者 : 全国町村会館  宿泊者は伏見(喜)、藤井、薮崎豊以上、3名の先生方です。キャンセル、または新たに申し込まれる方は至急ご連絡ください。(担当石本)

先月配布資料:繁用処方研修(藤井 A4,3枚)
薬証論(藪崎 A4,3枚)
方技(1月まとめ 戸塚航・山田 A4,3枚)
方技(2月まとめ 柿沼・田代 A4,4枚)
経絡(古米 A4,2枚)
八味丸(藪崎 B4,3枚)

☆今後の研修会日程予定:
H27年  5月16、17日 6月20、21日 7月18、19日  8月22、23日
9月12、13日 10月17,18日 11月14日(全国大会)
12月12、13日 H28年 1月16、17日 2月20、21日 3月12、13日

☆4月以降の方技のまとめ:荒野・石本・岩部・小林・塩田・戸塚航・藤岡・松村・山岡・山田・山本

関東支部だより   平成27年3月号

今月の研修案内

会場:全国町村会館 第三会議室

〒100−0014 東京都千代田区永田町1−11−35
TEL:03(3581)0471
FAX:03(3581)0220

第1日  3月14日(土)   司会    飯田

13:00         規の斉唱・資料確認
13:10〜14:20   繁用処方研修  『桂枝加芍薬大黄湯・桂枝加芍薬湯』
(藤井先生)
14:30〜15:40   話題提供  『八味丸』     (藪崎先生)
15:50〜17:00   平成薬証論   『大黄』      (藪崎先生)
17:45〜    食養の実践懇親会    会費:3000円

会場:ペスカデリア 赤坂店(Oyster)     http://r.gnavi.co.jp/g285009/map/
住所:港区赤坂3-5-2 サンヨー赤坂ビル1F TEL:050-5797-9330
外堀通りと田町通りの間の通り サッポロ一番の看板のあるビルの1階
15時40分までに、石本(090-7255-0650)まで

第2日  3月15日(日)   司会    藪崎
9:30〜10:40   規の斉唱
方技研修  『不妊症』         (横田先生)
10:50〜12:00   経絡研修  『霊芝の帰経・証の取り方』 (古米先生)
12:00〜13:30   昼食休憩・理事会
13:30〜14:40   理事会報告・『わかりやすい漢方薬』P,169〜(堀 先生)
14:50〜16:00   食養研修                 (武 先生)
今月必要なテキスト・資料
『傷寒論・金匱要略』 『わかりやすい漢方薬』 『平成薬証論』 『薬草百話』
『一般用漢方処方の手引き』  方技…先月までの配布資料  経絡・・・先月の資料

今月の宿泊先と宿泊予定者 : 全国町村会館  宿泊者は伏見(喜)、藤井、薮崎豊以上、
キャンセル、または新たに申し込まれる方は至急ご連絡ください。(担当石本)

先月配布資料:繁用処方研修(藤井 A4,6枚)
薬証論(藪崎 A4,4枚)

☆今後の研修会日程予定:
H27年  4月18、19日 5月16、17日 6月20、21日 7月18、19日
8月22、23日 9月12、13日 10月17,18日 11月14日(全国大会)
12月12、13日 H28年 1月16、17日 2月20、21日 3月12、13日

☆霊芝(日中医薬事業協同組合)注文先
共立薬品工業      東京都中野区本町2−4−13
TEL 03−3372−2191   FAX 03−3372−2192

 

7月の研修案内

関東支部だより   平成267月号
今月の研修案内

会場:全国町村会館 第三会議室 〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-35  

TEL03(3581)0471  FAX03(3581)0220

第1日  719日(土)    司会  石本
13:00         規の斉唱・資料確認
13:10~14:20   繁用処方研修 『甘草瀉心湯 半夏瀉心湯』(藤井先生)

14:30~15:40   『わかりやすい漢方薬』(輪読)

15:50~17:00   平成薬証論   『麦門冬』       (藪崎先生)

17:45~   食養の実践懇親会   会費:3000円  

会場:デリリウムカフェレゼルブ(ベルギービール) 住所:港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー1F     

 http://www.deliriumcafe.jp/reserve/access_akasaka   TEL:050-5788-6076  

15時40分までに、

石本(090-7255-0650またはpure-tenten10per8maripy@docomo.ne.jp)まで

     
第2日  720日(日)   司会   小林
 9:30~10:40   規の斉唱

              方技研修   『不妊症』        (横田先生)
10:50~12:00   経絡研修  『黄帝内経にみる五味調和』(古米先生)
12:00~13:30   昼食休憩・理事会 
13:30~14:40   理事会報告・情報交換タイム   
14:50~16:00   食養研修                (武 先生)

今月必要なテキスト・資料
『傷寒論・金匱要略』 『わかりやすい漢方薬』 『平成薬証論』 『薬草百話』 

『一般用漢方処方の手引き』  方技…先月までの配布資料

 経絡…先月までの配布資料  

今月の宿泊先と宿泊予定者 : 全国町村会館   宿泊者は藤井先生・薮崎豊先生です。

キャンセル、または新たに申し込まれる方は至急ご連絡ください。(担当石本)

先月配布資料:繁用処方研修(藤井 A4,5) 

       薬証論(藪崎 A4,4)

       方技研修5月まとめ(藤岡・山岡 A4,2)

       総会資料(B54枚)

 

今後の研修会日程予定: 

  H26年 8月2324日 9月2021日  101819日 111516日(全国大会)

     121314日   H2711718日 22122日 31415日 

 

お願い:

*全国大会の出欠をまだ提出していない先生は、至急、石本までご連絡ください。

 

全国大会の会場となる大滝ホテルですが、JR湯河原駅から、バスで15分程かかるようです。 

 

大滝ホテルのHP http://www.ootaki-hotel.com/

交通案内 Access

薬証論 研修

半夏 2014.05.17  薮崎

神農本草経 下品に収載  半夏 辛平
作用部位 胃の上部
カラスビシャク(烏柄杓)の地下にある球茎
薬草百話  渡邉 武
方技研修    横田
金匱要略条文  痰飲咳嗽編   1
それ 飲に四つありとは何の謂ひぞや・・・
痰飲あり、懸飲あり、溢飲あり、支飲あり。
金匱要略条文中の支飲(しいん)
ここでも生薬をきちんとすることは大切である
防已

神農本草経  風寒、瘟瘧の熱気、諸癇を主
         邪を除き、大小便を利す
平成薬証論
日本の防已 木防已ではなく 中国のものである
 ツヅラフジ科 オオツヅラフジ  渡邉先生の解説   漢防已
木防已湯の防已も漢防已でなければ効かない

処方研修2014.05.17黄耆建中湯

黄耆建中湯   解説 藤井先生

原典 金匱要略

日本人の基本処方 小建中湯に黄耆を加えたもの

小建中湯より更に体表へのめぐりが弱くなった人用

巡らせる力が少ない⇒疲労、疲労倦怠、気力がわかないなど

漢方処方の手引には

身体虚弱で疲労しやすいものの次の諸症:虚弱児童、夜尿症、夜泣き、慢性腹膜炎の軽症、盗汗、腹痛、慢性中耳炎。

とある

しかし 漢方処方は人に合わせる。

この病名が付いたから 全員が黄耆建中湯というわけではない

逆に 夜尿症に使う処方を探してみよう!!

 

別の症例に

笑いのやまないものに

甘麦大棗湯や黄連解毒湯を用いるのは定石であるが・・・あっちとこっちの処方をですね・・・

黄耆建中湯で大笑いを治した症例を発表している(福富 和漢医林新誌)などがある

・・・

処方を運用するにあたっては しっかりと薬味薬性を捉え ピンポイントで処方運用できるようにしたいものです。

 

今年の全国大会は関東

東京で開催  11月 15,16日 予定

 

研修案内

 

関東支部だより   平成28月号


今月の研修案内

 

会場:全国町村会館 第三会議室 〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-35  

TEL03(3581)0471  FAX03(3581)0220

第1日  23日(土)   司会    塩田・田代

13:00~14:20   規の斉唱・資料確認

             繁用処方研修『小青竜湯加杏仁石膏・加石膏』  (藤井先生)

14:30~15:40   傷寒論DVD                  (飯田先生)

15:50~17:00   『方輿輗』  (小柴胡湯 P,87~)     (ナビ石本)

 

17:45~        食養の実践懇親会   会費:3000円  

   会場  バールデルポポロ 赤坂すずふり本店  http://r.gnavi.co.jp/fevsn8x50000/map/ 

          (一ツ木通り ドコモを入る:イタリアン) 

   港区赤坂--26  サンライズ赤坂ビル1F   TEL 050-5789-6216

   1540分までに、石本(090-7255-0650までご連絡ください。

 

 

第2日  724日(日)   司会    塩田・田代  
 9:30   規の斉唱

        方技研修 桂枝湯を中心にした処方展開 ①桂枝湯~   (横田先生)

10:50~  原典12号 『自然に調和した漢方とは』(1984.7) 輪読  (古米先生) 

12:00~        昼食休憩・理事会 
13:30~14:40   理事会報告

              渡邉先生米寿著作集『丸薬と散剤』P七五~  (司会)

14:50~16:00   食養研修                  (武 先生)

 

 

今月必要なテキスト・資料
 『傷寒論・金匱要略』 『平成薬証論』 『一般用漢方処方の手引き』

 原典12号『自然に調和した漢方とは』(1984.7)  『方輿輗』

 *米寿著作集は各自持参してください 

 

今月の宿泊先と宿泊予定者 : 全国町村会館  宿泊者は藤井・伏見()の各先生方です。

先月配布資料:総会資料

        繁用処方 (藤井 A4,3)

         

 

今後の研修会日程予定

H28年 82021日  91011日  101516(全国大会:熱海) 

111920日のみ(2会議室)  1217日のみ(2会議室)18日 

 H29年 12122日 21819日 31112

 

 

 

今月の研修案内
会場:全国町村会館 第三会議室
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-35

TEL03(3581)0471  FAX03(3581)0220

第1日  1月18日(土)   司会 石本

10:00   製剤研修「麝香牛黄圓」

ご協力頂ける先生はよろしくお願いいたします。

13:30  規の斉唱・資料確認

13:40~14:40  『わかりやすい漢方薬』  P.20~  (落合先生)
14:50~15:50  繁用処方研修  『ヨクイニン湯』    (藤井先生)

16:00~17:00  平成薬証論   『厚朴』         (藪崎先生)

17:45~        食養の実践懇親会    会費:3000円

会場:SAKANA FRENCH BISTRO 竹若
住所:港区赤坂3-13-12 TEL:03-3560-6322

地図: http://r.gnavi.co.jp/g135116/map/

第2日  1月19日(日)     司会 小林
9:30~10:40   規の斉唱
方技研修    『不妊症』         (横田先生)
10:50~12:00   経絡研修    『黄帝内径にみる五味調和』  (古米先生)
12:00~13:30   昼食休憩・理事会
13:30~14:40   情報交換タイム(理事会報告含む)        (戸塚先生)
14:50~16:00   食養研修                   (武 先生)

今月必要なテキスト・資料
『傷寒論・金匱要略』『わかりやすい漢方薬』 『平成薬証論』 『薬草百話』 『一般用漢方処方の手引き』
方技…先月までの配布資料

今月の宿泊先と宿泊予定者 : 全国町村会館 宿泊者は落合、藤井、藪崎以上3名の先生です。

キャンセル、または新たに申し込まれる方は至急ご連絡ください。(担当石本:090-7255-0650)

先月配布資料:繁用処方研修(藤井A4,4枚) 平成薬証論(藪崎A4,7枚) 経絡研修(A4、1枚)

今後の研修会日程予定:H26年 2月22、23日  3月13、14日

4月以降は決定しだい、ご連絡いたします。

五労七傷

2013.12.15

処方研修の中での言葉

五労七傷
五労 : 五臓の虚労病証では心労・肝労・脾労・肺労・腎労 『 証治要訣 』
久視すれば血を傷り

久臥すれば気を傷つけ

久坐すれば肉を傷つけ

久立すれば骨を傷つけ

久行すれば筋を傷つける
『 素問宣明五気篇 』 の5種。

七傷 : 大飲は脾を傷つける。

精子奇形1_001

大怒気逆は肝を傷つける。

強力挙重、久坐湿地は腎を傷つける。

形寒、寒飲は肺を傷つける。

憂愁思慮は心を傷つける。

風雨寒暑は形を傷つける。

『 諸病源候論 』

 

体に良い体操や姿勢など最近は様々なところで言われていますが

同じ姿勢の継続は身体を壊します。

長く歩きまわると、筋を破るなど

やり過ぎには注意が必要

あなたに適したことを見つけることも大切です。

あんず

2013.12.14  薬証論研修

植物界の妙

分類学上  ボタンとシャクヤクは同科植物

働きは牡丹は血毒症に 芍薬は水毒症に用いる

同様に    梅、桃、杏も同属なのに  三種三様の働きがある

 

アンズ:杏仁・杏子

anzu00mi2

 

食養生で

 

種子のタンパク質を柔らかく固めて食す食べ物に大豆の豆腐、ごまのごま豆腐それと杏仁の杏仁豆腐がある

杏仁5~6個を湯につけて皮をむき、良く乳化したものに角寒天1本で固め、賽の目に刻み、はちみつ水に浮かべて食す

油気の多い料理の口直しに

音声を使う職業の人たちに喜ばれている

研修

関東支部だより  平成25年12月号

は研修案内ページを御覧ください

今後の研修日程

26年 1月 18,19日   2月 22,23日  3月 15,16日

全国大会も終わり 一気に冬の様相

寒くなる時の健康管理

日中の見せ場です。

急性胃腸炎と言われる ウィルス性の胃腸炎  霍乱ですね。

夏に水分を身体に入れすぎた方は要注意

漢方の治療原則

汗、吐、下、和、利が一番わかる症例ですね。

 

 

2013.9月の研修

9月14,15日 町村会館

15日は朝からあめ 台風が来ています。

夏に水気を取りすぎていた方 ご用心

皮膚が閉じて いままで出していた水気をもろに呼吸器から出すことになります。

処方運用、薬証論、処方研究、食養生、読み物は今回よりわかりやすい漢方薬

処方研究 は不妊  単純に不妊の漢方薬とあるのではありません。

なぜ、どうして、あなたの体は今どうなっているが大事です。

130915_1153~01