漢方研修の基礎は生薬を知ること

薬を扱う人間はその個々の薬物を知らねばならない

とは 渡辺 武先生が常々話されており

日中医薬研究会では 処方を扱うに当たり

処方の中の各々の生薬の薬味、薬性を把握し

人体に対してどのように働くのかを研修

もととなる資料・教科書は 日中医薬研究会にて

過去20年ほどの期間を使いまとめ上げた

      【平成薬証論】

である

 

 

Comments are closed.