日中医薬研究会について

〜漢方と食養を本格的に学びたい方に〜

故 渡邊 武 博士が
薬局・薬店 薬剤師、薬種商のための東洋医学、食養の研鑽の場として
 昭和51年7月草古堂薬室方技塾として発足。
 昭和52年4月日中医薬研究会に改称。
関東支部・関西支部として研究会活動を行っている全国有数の研究会です。

当研究会では、食養、方技、経絡 三分科の研鑽及び研究会活動をしており、
また教えの実践・経営貢献として研究会選定商品を安定供給するために、
広域協同組合を併設しております。



■事務局のご案内

関東支部

東京都墨田区八広6−1−1 福薬局

石本真理子

Tel:03-3611-3823

Fax:03-3618-3823

関西支部 〒518-0724
三重県名張市榊町1404-1 田中余以徳斉薬局 田中英樹
Tel:0595-63-0238
Fax0595-63-0268



■入会資格及び手続き

薬剤師、薬種商、鍼灸師、医師、歯科医師、登録販売者、栄養士等を原則に、
医薬業に従事する方で、規の精神に則り、東洋医学及び食養の研鑽に熱意があり、
会員の推薦と理事会で承認を得たものとする。

                 規(のり)

1、 深く方技を研鑽し人類の福祉に貢献すること
2、 広く本草に精通し医薬資源の自給自足をはかること
3、 周く食養を体得し食生活の正常化と啓蒙普及につくすこと
4、 漢方の本道薬師の道を正すこと
5、 社会正義と人間愛の人道主義をもととすること



■研修概要

日中医薬研究会は、会長渡邊武博士の指導により始められ、
その後会員講師による研修となり、
古典にみる本草論を基盤に、医聖張仲景学説の研究、『黄帝内経素問』の陰陽論、
五行説及び薬味、薬性、薬能の検討、原因論としての気血水論の解析と確立、
さらには、五味調和による食養等を総合的に研鑚し、
方技実践活動に精進しています。



■全国大会

日中医薬研究会は、普段は2支部分割研修が行われているので、
年に1度2支部合同で開催する全国大会を実施しております。
(第1会大会は、昭和53年10月でした。)

ときには、漢方や食養のルーツを訪れての開催もあり、
会長特別講演、課題研究の発表、
会員相互の情報交換や、同志としての友情を育む懇親会等、
多彩の催しを行っています。



■研修分科会

方技部会 症候別処方運用の研究:平成傷寒論
処方と病理の関連の研究:平成金匱要略
古方漢方の条文解析と臨床の応用
経絡部会 経絡の古典的解析と臨床の応用
食養部会 日本人の味覚に通じた和食薬膳病食の研究
伝統料理と食材の食味食性、食能の解析
現代の食の乱用に対する対策と検討
古典研修 皇漢医学   叢桂亭医事小言
処方運用研修 現在は皮膚病(H.21.1.2.3.4.5月)

研修内容は関東 関西で違うことがあります。
詳しくは 各研究会の日程をご覧ください
関東   関西

■特典

 ・食養アドバイザー (商標登録第4897327)
   研究会に3年以上出席し、日中の食養を体得した者に授ける。
   ※食養アドバイザーとして認められているのは日中だけです。

 ・日本漢方交流会称号 ・・・ 錬士、教士、範士、師範
   漢方の研鑽を積み、規定の研究発表を行った者